« 杭州も花芽!! | トップページ | 秋の花(その2) »

秋の花

 この花は夏が猛暑だろうと冷夏だろうと毎年ほとんど狂うことなく名前通りこの時期に咲いていますね。この鮮やかな赤は私の目にもはっきりわかります。
毒草だけど昔から救荒植物として田んぼの畦なんかに植えられ、飢饉のときは球根を水でさらして食べたらしい。そんな記憶のためか、田舎では死人花とか火事花など良い名前では呼ばれなくて、家に植えたり飾るのは忌み嫌われていました。
        彼岸花の花芽                  と その花
Higanbana2060918Higanbana060918

        ハギ(の仲間)
Nusubitohagi060918夏にマツヨイグザが咲いてた近所の空き地には今はハギの仲間らしい花が咲き誇っています。
昔からあるハギとはちょっとちがうみたい。
園芸種がエスケープしたものでしょうか?

ひっつきむし(ヌスビトハギ)が正解でした。
虫(実)が写っている写真があったので差し替えときます。


|

« 杭州も花芽!! | トップページ | 秋の花(その2) »

コメント

そちらは彼岸花がもう咲いてますか?
そか、明日は彼岸の入りですね。
まんずめまぐるしい年ですねぇ!

投稿: lishui | 2006/09/19 08:31

ひっつきむし(ムスビトハギ)に見えるんだけど違うかなぁ?

投稿: lishui | 2006/09/19 13:17

ヒガン花キレイだ!
縁起が良くないから嫌われるのか。

ハギもキレイだ!
musubitohagi? オイハギみたいな名前だな。

投稿: ル | 2006/09/19 18:12

そんちょさん正解!
虫(実)写ってる写真も撮ってました。
名前は悪いけど、こんだけ一面に花が咲くときれいです。

投稿: 中国蘭迷 | 2006/09/19 19:55

花が終わったあとが大変!
さあ どうする!

投稿: lishui | 2006/09/19 20:06

ひっつきむしもマツヨイグサもこの辺では以前は見かけなかったもんですけど、製材所を取り壊して整地したとき、きっと土といっしょに運ばれてきたんでしょうね。
立ち入り禁止の札が立ってるんで花が終わったら私は立ち入らないけど(多分)、ノラネコくん達が村中にはびこらせてくれるかも...

投稿: 中国蘭迷 | 2006/09/19 20:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/11947337

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の花:

« 杭州も花芽!! | トップページ | 秋の花(その2) »