« お久しぶりです。 | トップページ | 雨... »

新芽その後

 ようやく一華の新芽も顔をのぞかせ始めました。
それにしても今年は少ない。元本割れじゃあないかなぁ?!
調子よく出てるのは豆弁の黄花くらい...
         蕭山蔡梅素                   賀神梅     
Syukusansaibaiso060708Gasinbai060708

         「秦郷梅」                   豆弁黄花
Sinkyobai060708Zubenkibana060708

「秦郷梅」というのはこれも今春の越中みやげのひとつ
翆桃のパチモンという話もあって、花見るまでの楽しみです。

Fulan060708


石垣の風蘭は今八部咲き、
なにもかも遅れてるなかでこれだけが世間並みでしょうか?


|

« お久しぶりです。 | トップページ | 雨... »

コメント

昭和51年ごろの秦卿梅の私の思い出です。
宋梅を楽しむ会の中村彌豫二さんが、ある展示会に翠桃として出品していました。緑茎、硬兜捧心、小如意舌、平肩咲きでやや大きめの花でした。
そのころはやっと「赤茎」翠桃が普及し始めたころで「緑茎」翠桃との真偽が話題になっていましたが、そのどちらとも違う花で本人の前では誰も言いませんでしたが「いい花だけど(違うなあ)」…。中村さんもなんだか憮然としていました。
その後秦卿梅の名前である大手業者のところで見かけたので確かめたところ翠桃の名前で出回っているので紛らわしいから名前を変えたといっていました。
その辺のいきさつは少しだけ誠文堂の「中国ラン」の本にも書いてありますね。
ただ、中村さんにはどこから入手したのか、業者にはなぜ秦卿梅という名前をつけたのかはついに聞けないままでした。
どなたかご存知の方はいるのでしょうか。
関東では今でもたまに翠桃の名前で出回っているのを見ることがあります。

投稿: すずき | 2006/07/09 08:42

石垣見事です。京の観光名所になるかも!
春に来た蕭さんと宋さんの子どもアップしときました。見てください。

投稿: lishui | 2006/07/09 11:14

村長さんとこ成長早いしずいぶん成績いいですね!
うちはまだやっと顔を出したとこ、まだこれから出るのも期待して気長に待つことにします。

すずき様:
秦郷梅の情報ありがとうございます。
葉幅、葉姿みても翆桃赤茎、緑茎ともちょっとちがう感じなんですよね。花もやっぱりちがいますか!?
中国っぽい名前ですけど、私も「中国ラン」の中村老師の文章でしか知らなくて、由来について興味あるところです。富山でいつもお世話になってる方から「あんたの師匠が書いてるやつがあるよ」と半分分けていただいたものです。

投稿: 中国蘭迷 | 2006/07/09 22:06

蘭迷様
花は当時の私の初心者の目で見ても翠桃とはだいぶ違っていましたね。荷形水仙弁に近い平肩咲きでした。たとえば湖州第一梅を肉厚にしてしっかりさせた感じ、でしょうか。
今度見かけたら私も買っておこっと。
ちなみに私が話を聞いた東京の笹塚のOさんは富山のMさんの先代とも取引が相当あったようです。

投稿: すずき | 2006/07/10 22:02

中国兰迷:
晚上好!
工作了一天、辛苦了!

回家以后看看心爱的兰花以及新出的嫩芽、一定会解除您一天疲劳吧!
另外每晚是不是看中国的DVD呢?

祝您好梦!

投稿: song quan | 2006/07/13 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/10852243

この記事へのトラックバック一覧です: 新芽その後:

» 新芽そのパクリ [蘭小屋雑記(杭州寒蘭・中国蘭)]
新芽その後 の もろ パクリ版です。 京から今春お嫁に来た2鉢です。蕭さんと宋さん。嫁ぎ先では子どもを3人も作ってがんばってますよ。 杭州寒蘭 開花前夜  です。 [続きを読む]

受信: 2006/07/09 11:11

« お久しぶりです。 | トップページ | 雨... »