« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »

中国語のお勉強

最近、純made in China のDVDプレヤーを入手
日本で買ってもなんと498(零はひとつだけ!)でした。
これまでパソコンでも見られなかった向こうで買ったVCDやバッタモンDVDもほとんど見ることができます。以前買ったきりまだ封も切ってないのもたくさんあるし、中国語教室にも新しいのがじゃんじゃん入ってきて無料貸し出しOK。こんなの見てるとやらなきゃならないことがどんどんたまっていくし、Blogの更新もできない。

Dvd

今見てる『桃花源記』は3枚組で1枚が6時間超。時々一時停止させて字幕を辞書ひきながら見てると...
この歳での夜更かしはちょとこたえます.. 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

もじずり

Nejibana070722 これも日本の蘭だけど中国にはあるのかな?
日本のは没有香だけど..
ネジバナという名前は大変わかりやすいけど別名の
モジズリは漢字ではどう書くんでしょう??
よく見ると右捲き、左捲きいろいろです。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

テンコーバイ???

Tenkobai 今日は久しぶりに朝から青空、今のところ涼しくていいお天気です。
右の写真は今春ネットオークションで別々に入手したものです。
出品者も「天興梅」で入手したもんだけどちょっとちがう、なんだろう?ということでしたし、私もそれは承知で花の写真を見て面白いなと思って落札したものです。
「秦梅」といわれてるものの一部にもこんなのありますよね。昨年ドームに出品された「oe秦梅」の写真が中国の掲示板で紹介されて論議されているなかで「これ天興梅ではないか?」という意見がいくつか出ていました。天興梅ではないけどなぁと思っていたら、富山での先輩達との蘭談義のなかで、〈「秦梅」は昔天興梅のニセ物としてよく出回っていた〉とか〈こんなのは宋梅が条5000円くらいしてたとき500円くらいで売られていたよ〉という話を聞いて、中国にもそのまんまの名前で里帰りして混乱しているんだなあと思いました。
銘鑑の下半分あたりの品種は素直に安定して咲きにくかったり、いろんなものがごちゃ混ぜになってるのが多くて、正確に同定しようとすると同じ名札を片っ端から入手して何年か眺めてみる必要があるように思います。一方で間違いないけど気に入ってる宋梅や楊氏素、玉梅素なんかもついつい鉢数が増えてしまって困ったものです。
最近また中国蘭も興味示す人が増えてきたようですから、お金と置き場所が充分ある蘭キチか真面目な商売人さんにお任せして名札集めはいいかげん卒業(中退?)しなければとは思っているんですが...。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

翆桃の謎

Suitou 「秦郷梅」はどうやら翆桃とはまったく別物のようで、翆桃のニセ物扱いされるのは本人(草)も迷惑な話だと思います。いつ頃どんなルートで日本にやって来て誰が名付けたのか知りたい気はします。
 じゃあ正宗の翆桃はというとこれもよく判らないことが多い。中国の文献上に登場するもっとも古いところでは私が知ってるかぎりでは『蘭蕙同心録』ですがこの本の挿絵は主副弁は菱形だけど三弁一鼻頭どころか捧心に兜もない。『蘭華譜』や『東洋ラン・花物』『中国ラン』などの由来の説明<明治の始め頃、浦江山中にて発見、その後上海の林天頤氏に培養された云々>は『同心録』からの引用のようです。この本の宋梅、汪字、9華などの他の花を見る限り、線画の版画刷りながら写真以上に花の特長が実によく描かれていて、決していいかげんな画ではないはずだけど翆桃がこんな咲き方しているのは見たことも聞いたこともありません。
 牟氏はどう言ってるかなと『名品賞析』を見たら載ってない。 『蘭蕙小史』には翆桃は登場してなかったのでした。
Google China で調べたらここ分清新老“翆桃”にありました。
牟氏によると『蘭蕙同心録』の翆桃(別名“品蓮”)は絶種しており、その後これとは別な翆桃(別名“安昌梅”)が紹興安昌から出ていてこれが現存の翆桃であり、日本の『蘭華譜』その他の記述は後出の翆桃(別名“安昌梅”)に絶種した『蘭蕙同心録』の翆桃(別名“品蓮”)の出自の説明が誤って引用されている との見解です。
赤茎と緑茎については牟氏はこの時点では<栽培条件で変わるものか芽変わりしたものか、はたまたよく似た別物なのかよく判らない>と記していますが私の棚にあるのは葉姿、花を子細に見ると花茎が赤いか青いかだけでなくて別物のだと思います。赤茎の方はめったに花を見せてくれなくて並べて見比べたことはないのですが...

| | コメント (8) | トラックバック (0)

雨...

 3連休も最後、祇園祭本番、山鉾巡行のきょうはあいにく朝から土砂降りの雨、
ときどき雷鳴も聞こえます。この数日とうってかわって今日は涼しいです。
こんな日はパソコンの前にでも座ってるしかない..
この雨があがったら梅雨も明けていよいよ本格的な夏到来でしょうか!?
サルスベリも咲き始めました。

Suilen060717Sarusuberi060717
・                           白花でも百日紅っていうんかしら?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

新芽その後

 ようやく一華の新芽も顔をのぞかせ始めました。
それにしても今年は少ない。元本割れじゃあないかなぁ?!
調子よく出てるのは豆弁の黄花くらい...
         蕭山蔡梅素                   賀神梅     
Syukusansaibaiso060708Gasinbai060708

         「秦郷梅」                   豆弁黄花
Sinkyobai060708Zubenkibana060708

「秦郷梅」というのはこれも今春の越中みやげのひとつ
翆桃のパチモンという話もあって、花見るまでの楽しみです。

Fulan060708


石垣の風蘭は今八部咲き、
なにもかも遅れてるなかでこれだけが世間並みでしょうか?


| | コメント (5) | トラックバック (1)

お久しぶりです。

久しぶりに更新しようとしたらココログ管理画面へのレスポンスが恐ろしく遅いし、編集画面もなんか変!?
写真なんかアップできそうにない。
近々サーバの大メンテナンスをやるらしいです。
まあ、たいしたネタもないのでまたにします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年6月 | トップページ | 2006年8月 »