« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

サイタ サイタ

暑いですね。
石垣の風蘭が咲きました。
夕方帰ってくると香りで迎えてくれます。隅田の花火も上がってます。

Fulan060629Sumidanohanabi060629

| | コメント (3) | トラックバック (0)

白花素心

Fulan1060624石垣の風蘭、
今年は花芽がやたら多いです。
冬の寒さで相当ダメージ受けたので新仔出るの期待してたのに今のところまったく見あたらない。
どうやら花たくさん咲かして種子まき散らして一気に挽回しようという作戦らしい。うまくいったらいいんだけど...

ところで風蘭では素心でない花ってあるの?

| | コメント (3) | トラックバック (1)

黄花素心

Himetakebasekkoku060621 日本のセッコクよりだいぶ遅れて今ごろ咲いてます。姫竹葉石斛。
これもいちおう中国蘭だけど、中国では蘭の仲間に入れてもらえてるんでしょうか?
これは青軸なのだ..

日本産セッコクでもこれくらいの黄花が咲くといいんですけどね...

| | コメント (4) | トラックバック (0)

道草

 仕事の行き帰り毎日ちょっと手前でバスを下りて歩いているのですが、今日はいつもとコースを変えて北嵯峨の方を廻って帰りました。
水をはった田んぼにオタマジャクシがた~くさん...
周りには人家もない水田の一角、山からのわき水が流れ込むところにはショウブ?(かアヤメかカキツバタか?)が植えてありました。
なかなか風流なお百姓さんだこと..
        オタマジャクシ                 嵯峨・嵐山方面
Otamajakushi0600620Kitasaga060620

右の写真と反対方向に山を越えると我が家なのです。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

新芽

 昨日、今日と京都も梅雨らしい天気です。
何ごとにつけ世間よりだいぶ遅れている我が家ですがそれでもよく見るといくつか新芽が顔を覗かせてました。この時期、後ろの古葉が枯れ落ちるほうが多くて、こんなの見つけるとやっぱりうれしい・・・
          蓮弁の新芽              碧玉素(豆弁)の新芽
Lenbensinme0600617Hekigyokusosinme060617

9華、1華はまだぜんぜん見えません。土が盛り上がってこぼれ落ちてる鉢もあるので根は元気に動いてるようなのですが...
家の裏ではミツバが足の踏み場もないほどはびこってます。苔も雨に濡れて元気です。
         ミツバの実生                  スギ苔
Mitsuba060617Sugigoke060617

                       

| | コメント (2) | トラックバック (0)

拓本教室

Takuhon 新聞の案内に載ってた拓本教室に行ってきました。初作品です →→→
初心者はまずはテーブルの上においた小さな石版で基本を練習です。
ホントは野外で立ってるし、風化してたり立体的なものもあってけっこう奥が深いらしい。
道具は墨と紙以外ほとんど100均で入手可能、原始的コピーとはいえ元とは違った味わいがあるし、ふたつと同じ物できなくて、なかなか面白いです。
蘭拓はやっぱりちょっと無理なようです。裏打ち/表装まで覚えたら来春は画くのに挑戦してみよかな? また楽しみ方増えてしまった。

昔は好い花が咲いたら洋蘭にしろ、朝顔やアヤメににしろお抱え絵師に描かせていた花好きなお殿様やお金持ちいるけど貧乏人はセルフサービスです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

実生はこちらにおまかせ...

9華の実生はこちらにおまかせしときましょう!?
大一品の縞なんてのもたくさん出てるみたい。

最近日本でも1華、9華の変な?品種がやたら高いけど、中国の相場と数年遅れでびっくりするほどリンクしてる..
去年あたりをピークに下がり始めてるみたいだし、あっちこっちでこうバイオが盛んになると、中国広くて蘭愛好家の人口が増えてるとはいえ、じき、エビネやウチョウラン、チュウリップみたいになりそう...
あんまり煽られずに、自分がホントに好いと思うものだけを大事に育てたほうがよさそうです。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

結実・・・

Senkanoketsujitu このところ暑い日が続きます。
うちはまだほとんど新芽は見えません。
仙霞がほぼ100%結実して子房がふくらんでいます。ハチさんたくさん飛んでたから他の品種といろいろ交雑してるはず。
このままおいといて種子採って蒔いてみようか? ちぎって鶏にやるか?
それとも人間様が...

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »