« 劉海戯蟾、銭の伝説(その1) | トップページ | 龍呑舌と龍のこと »

我が家の花芽は・・・

 他所では年中杭州寒蘭が咲いてたり、はや春蘭モードに移行しているようですが我が家は遅いです。
それでもちょっとは動いているようで、宋梅は先っぽがちょっと緑の花弁をのぞかせています。この高さで剥けるのはちょっと早すぎるんじゃあない!?
あと奥地モノの大雪素と金蝶飛舞が4、5cm伸びてました。大雪素はご当地雲南では別名元旦蘭、来週の春節頃にはもう咲いてるんですね。
       宋梅の花芽                 雲南大雪素の花芽
sobaihanamedaisessohaname

 京都は今日は思ったほど寒くなくて氷も雪もありません。
思い立ったが吉日、秋に植え替え損ねたクリスマスローズを植え替えました。まだ大寒過ぎたばっかり、ちょっと早すぎるけど小さい鉢の中で根がギンギンになってて暖かくなって動き出すと触れなくなるし..
ついでに最近買ったクマガイソウと一人静の苗も鉢に植えてしまおう。手がチベタいけどやり出したら止められないとまらない・・・
         植え替え                  サギソウの玉タマ
uekaesagiso

                          ついでにサギソウもタマタマ掘り起こし。
この冬の凍てつく寒さにも痛んでいませんでした。半分掻き揚げにしてみようかな!?精力つくかな?

|

« 劉海戯蟾、銭の伝説(その1) | トップページ | 龍呑舌と龍のこと »

コメント

サギソウの球拾い、小さいの土に紛れて大変です。もう無いと思ってもあと10球は出てくる。3鉢やったら疲れた。腰痛い..

投稿: 中国蘭迷 | 2006/01/21 17:17

宋梅; 先っぽ丸くてかわいい~ねぇ
なぜか、力がみなぎる感じ・・!

投稿: ル | 2006/01/21 17:44

迷さんの人格変えちゃったみたいね。ゴミンなさい。そのうちこのブログもM&Aされそう。
うちも、フクジュソウいただいたので鉢を探しているところです。

投稿: lishui | 2006/01/21 19:32

おーい・・宋梅暗いトコへ入れないと下で咲いちゃうヨー・・大雪素増えたら分けてください。 少し時代さかのぼると「海女」さんが可愛い褌してるのヨ、緋色の細布をクリクリよってつける、当然極細Tバック・・前もほとんどT・・・あと「くのいち」もか・・・オトコのと違って可愛いものだよ!

投稿: J, | 2006/01/21 20:20

うちの小屋、屋根裏葦簀張ったまんまだし、日当たり悪いし、けっこう暗いはずなんですけどね。こんななってるのこれだけです。あまさんもくのいちもそうなんですか!?知りませんでした。そのはんがってあります?大雪素去年半分よそいったとこなんで気長に待っててください。わたし基本的にあんまり小割にしないほうなんで...

投稿: 中国蘭迷 | 2006/01/21 21:43

どもです、ランは気長にまちま~す、
はんが>ざんねん ございません!随分昔集めていたコレクション「墨」のためにてばなしました、ソノ中に肉筆でイイ海女さんのがあったのよ・・・
宋梅>いっそ暖めて咲かしちゃう?ちょっとも早く見たい気も・・・

投稿: J, | 2006/01/23 18:12

きのう、J さんとこ見に行ったら、おしりに なんにもついてないのがあったじゃない!
あれじゃしげきつよすぎてだめのかな・・・?!

投稿: ル | 2006/01/24 01:24

ほんとヤバイ人だこと!!
あれは「お茶け」の席用の、お軸です!

投稿: J、 | 2006/01/24 16:17

>なんにもついてないお軸??
よくわからない!?こんど拝見させていただきます。
わたし暖めるの苦手なんです。昔、展示会に間に合うように咲かせようと暖めて蓮辨たくさん枯らしました。いちどへたに動き出した芽や根がまた寒さに遭うと簡単に痛んで夏~秋にバタバタ倒れる。一度暖めたのは春までずっと暖めてやらないといけないように思います。

投稿: 中国蘭迷 | 2006/01/24 21:14

そーなのよ、暖めると 後気をつけないとかわいそうなのネ・・ランのおき場所環境似てるかも?結構他の友人はダイジョウブみたいだけどウチは結構冷え込みきついからね・・・

投稿: J, | 2006/01/25 10:48

お軸も風邪ひかないように暖かくしてね!
せめて T字を書き足してあげればよかったのかな?

投稿: ル | 2006/01/26 23:15

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/8263194

この記事へのトラックバック一覧です: 我が家の花芽は・・・:

« 劉海戯蟾、銭の伝説(その1) | トップページ | 龍呑舌と龍のこと »