« 冬仕度 | トップページ | また雪了! »

日中ちょっといい話

中国辺境に日本人僧侶の墓
     雲南の少数民族、4人供養  600年守り続ける

          (共同通信) - 12月19日18時1分更新

ネットの中国語学習仲間に教えてもらいました。
蘭とは直接関係ない話ですけど、このあいだの旅行で日中交流の大先輩の足跡あちこちで見てきたもので..
僧のひとりが京都(妙光寺)出身ということもあってか、地元京都新聞の今日の朝刊は3面7段抜きでけっこう大きく載ってました。
<第2次大戦中に日本軍の爆撃を避けるため住民が「日本人の墓だから安全」と塔の脇に隠れた>とあるのはちょっと複雑な心境ですが...
とまれ、奥地蘭買いに(見に)行かれる方は捜して線香の1本でもあげられたら喜んでくれるかも

|

« 冬仕度 | トップページ | また雪了! »

コメント

逆のケースで中国の人の墓はたくさんありそうですね。
そもそも、仏教や他の文化的な情報を伝えてくれたのはあちらですから、、。

投稿: ル | 2005/12/20 14:47

なんかあったら お寺に隠れる?
でも逆ケースの場合、政変の変わり目に居場所求めてきたのが多いかな?

投稿: J, | 2005/12/20 17:33

なんかあったら おしいれです!

投稿: ル | 2005/12/20 19:55

86年の太白山のとき3000m越えたところにある道教の祠の神像や鉄の碑が壊されたり倒されたりしていて、文革の嵐のときのだと言ってました。斗母宮の仙人も下放されてたとか..
大事に守ってくれてた人達に感謝!!ですね。

投稿: 中国蘭迷 | 2005/12/20 22:19

忘れてました!!イシダイ昨日送った!! 
ゴメン!! 飾っておいたら目ざとく発見して入ってきた人いたもんネ~。びょーきだネ!

投稿: J, | 2005/12/21 13:09

収到了!
こっちも忘れてました。トクした気分!!です

投稿: 中国蘭迷 | 2005/12/21 20:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/7707420

この記事へのトラックバック一覧です: 日中ちょっといい話:

« 冬仕度 | トップページ | また雪了! »