« 旅の7つ道具 | トップページ | 杭州~寧波 »

蘇州→杭州へ

 10月30日、蘇州に戻る。
初日のホテルはシャワーのお湯が出なかったりしてこりたので今回は仕事でいつも利用しているホテルで一泊。翌31日は午前10時過ぎチェックアウト、船のチケットを買い、荷物を預けて、夕方の出発まで街をぶらぶらする。何度も来て歩きなれた蘇州の街はなんかホッとします。
ビルの工事現場の足場と柵が竹製なのはいかにも中国らしくて面白い。すべて土に帰るし、燃料にもできて、環境にはなかなか良いんではないかなと思います。
いつもの本屋で『浮生六記』の中国語版を見つけました。附編として巻5;中山記歴と巻6;養生記道も収められていますが〈後2記の真偽のほどは定かでない〉とあります。

 杭州行きフェリーは夕方5:30発。高速バスなら2時間でいけるところを夜の京杭運河を14時間かけてゆっくり進みます。ボロボロの船が98元はちょっと高いが時間と宿代の節約にはなるか..。
4人部屋の相部屋の方はなんと大阪に15年住んでいるという中国人ご夫妻。ここでこんな話してていいのかなと思いつつ、周りに関西弁がわかりそうなヤツはいないからまあいいかと食堂でお茶を飲みながら靖クニのことやブン革のことや蘭や花やおいしい水餃子の話など夜遅くまで語り合いました。
   杭州行きフェリー         街のビル工事現場       滄浪亭にて
duchuankoujigennbacanglangting


|

« 旅の7つ道具 | トップページ | 杭州~寧波 »

コメント

3昔し!ほど前、香港中心にアチコチお仕事してました。行きがかりがかりで竹の足場登りました。揺れる、たわむ、折れる、大変コワイ!!なつかしーです、竹は土に帰る前、紙にして使うのもありです。イイモンデス。

投稿: J, | 2005/11/11 17:21

Jさん、そんなとこ登っていったい何してたんですか??
鉄パイプも竹使ってるの、たまに見かけます。
土に帰る前、紙にして使うのて、もひとつ良いですね。竹は生長も早いし、日本ももちょっといろいろ利用してもいいような気がします。

投稿: 中国蘭迷 | 2005/11/11 19:02

疲れとれました?逆かな?
仕事で疲れて、癒しにアソビ歩いてるのかな?
昔バブルの前、事務所用建物の下見で建築中の現場行かされたです。それもイッパイ!どこ行っても竹!殆ど中高層!信じられませんでした、3日でなれたけど。竹紙は唐時代から現代中国までの代表紙で平安にすでに渡来してカラカミの語源になってます。

投稿: J, | 2005/11/12 15:12

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/7004076

この記事へのトラックバック一覧です: 蘇州→杭州へ:

» 中国の家庭の味 [ジョン万中国語]
昨日また大連に戻ってきました。昨日は中国人社員のお宅の餃子パーティーに招かれて行ってきました。餃子はもちろん水餃子で韮入り海老餃子とにんじん牛肉餃子をいただきました。しかし美味い!中国人社員は通訳を兼ねていますので日本語は上手ですが、奥さんは英語教師なの....... [続きを読む]

受信: 2005/11/14 23:42

« 旅の7つ道具 | トップページ | 杭州~寧波 »