« お久しぶりです | トップページ | 旅の7つ道具 »

無錫、揚州 バスツアー初体験

 10月28日朝、蘇州北汽車駅(長距離バスターミナル)に行き無錫行きの切符を買い、出発を待つ間に朝飯をすませる。
切符の買い方、乗り方は鉄道の場合と同じ要領で、行き先別に搭乗ゲートも決まっていて意外と分かりやすいです。バスの切符にはなんと2万元の傷害保険も付いていました。事故った場合、搬送費にはなるかな?!
  無錫行きバスチケット      この日の朝飯         と食べた店
busticket1028asameshi1028asameshi2

ここで無錫の1日観光バスツアーの募集もやってたので申し込む。
ちゃんと連絡してあったようで、無錫に着いたら現地旅行社の人が大きな名札を持って迎えてくれました。中国人ばかり20人ほどの中に日本人ひとり混じって、マイクロバスに乗り込み柴砂博物館や映画村みたいなとこや太湖遊船などを遊びました。ガイドさんがずっとハンドマイクで説明してくれるが私のヒアリング力ではさっぱり分からない。
携帯(デジカメ代わり)の電池がなくなってこの日はほとんど写真撮れず。充電器は持っていたのですが安ホテルでは110Vコンセントがほとんどなく、これはうかつでした。

 翌29日の揚州も成り行きで同様のバスツアーに参加しましたが、ここは移動距離が短かったので歩きでも充分廻れたかもしれない。とにかくはぐれないようにと必死で、緊張感がありました。ガイドさんもけっこう気を遣ってくれてたようでした...
   ガイドのお姐さん      大明寺の鑑真和上像     痩西湖の湖上遊覧
guidedaminsishouxihu

金農さんの住居跡にある揚州八怪紀念館には、なんと八怪は14人居ました。7、8番目あたりを誰を入れるかで10人くらい居るのは知ってましたが...
かなり疲れましたがこの2日で中国バス旅行の要領を会得することが出来ました。特に中長距離の都市間移動は安いし速いし、ある意味列車よりも便利なように思いました。


|

« お久しぶりです | トップページ | 旅の7つ道具 »

コメント

やはり中国旅行でしたか。すれ違いだったようですね。こちらはずっと昼夜大テーブルでの食事、体力勝負の毎日でした。最後単独行動のショウロンポウのおいしかったこと!蘭もまだ早かったですがたくさん見ることができました。

投稿: lishui | 2005/11/09 10:06

お疲れでやんした、しかし体力ありますネ!!lishuiさんの胃力もたいしたものですがバスは体力いるのよ、エライ!!金農さんの子分の画もすごくイイヨ、・・・ワタシはずっと蘭渓和尚の墓でお庭番してました。疲れた・・・
それにしても遊覧船ハデだネー。

投稿: J, | 2005/11/09 12:04

私もいい旅出来るのは胃腸力のおかげでしょうね。もともと貧乏人の子なんで人間が食べてるもんだったら何でも食べられるし、今回は駅や安ホテルの近くの小汚い食堂でばかり食べてたけどお腹の調子ずっと大丈夫だったし..

投稿: 中国蘭迷 | 2005/11/09 12:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/6981445

この記事へのトラックバック一覧です: 無錫、揚州 バスツアー初体験:

» 緊急発令!「中国リスク管理」Ⅱ [ジョン万中国語]
いやー 祖母の四十九日法要&クリスマスで すっかりボケていました。 帰りの高速道路脇の雪を見て思い出しました。 突然ですが 本日より またまた禁止令発動です。 何がって バス長距離旅行禁止です。 いつまで? 春になって雪が融けるまでです。 ...... [続きを読む]

受信: 2005/12/27 00:06

« お久しぶりです | トップページ | 旅の7つ道具 »