« 蘇州→杭州へ | トップページ | 余姚~四明山の旅 »

杭州~寧波

 11月1日午前7:30杭州着
実は夜中の3時か4時頃には着いていたのですが、ちょっと手前で停泊していて、夜明けとともに動き出して朝の運河航行を楽しませてくれました。
タクシーに乗り、以前泊まったことのある「華僑飯店に行ってくれ」と頼むと、運ちゃん、「あそこは最近オーナーが変わって不好!やめとけ!」とのこと、ホントかどうか怪しいが「じゃあ、どこがいいの?高いとこはダメよ!」というと西湖の北側の小汚いホテルに連れて行ってくれました。250元、思ってたより安かった。けど、ここも110Vなし、カード使えず、換金できず、国際電話もダメ、この値段だとどこもこんなモンです。
荷物置いて霊隠寺へ..入って左手の石灰岩の山はいたるところ仏さん、いったい何人居るんだろ?霊隠寺の境内には若い空海さんも立っていました。台座の”中日友好30年祈念”の”日”の文字がコインか何かで×印に傷つけられているのを見るとちょっと悲しい。でも日中非友好に遭遇したのはこれだけでした。
帰りはテクテク林の中の道を歩き、何気なく入った杭州植物園内の韓美林美術館。中国の伝統的な書や画や青銅器、彫刻などがモダンに融合された多彩な作品はどれも正直感動モンでした。杭州の隠れたスポットかな?!
     杭州到着          霊隠寺の石仏         韓美林美術館
hangzhoulingyinsihangmeilin

 翌2日、列車で寧波へ
毎日、移動していると時間の使い方もだんだんダレてきてしまいます。
午後1時過ぎ、タクシーで、駅から20~30kmほど郊外の阿育王寺と天童寺へ。
タクシー代は150元と高かったけどお寺の入場料はどちらも5元とずいぶん安い。人も少なく静かです。
阿育王寺にはここにも鑑真さんがいます。多分日本渡航前か?
天童寺は曹洞宗開祖の道元さんが留学、修行したお寺だそうで、shang兄弟さんと同じくらいの年齢の時だと思います。道元さんと蘭渓さん、同時代の人なんですね。鎌倉で会ってるかもしれない。
1華の天童素はこのお寺となんか関係あるんでしょうか?
     阿育王寺            天童寺         果物売りのおばちゃん
ayuwangsitiantongsimikan

帰路、道ばたで果物やイモを売ってるところがあり、タクシーの運ちゃんは車を止めてたくさん買い込むと「喰え!」とミカンと熟柿を分けてくれました。おいしかった。値段交渉の時は打々発止がありましたが、決まった後はすごく親切で暖かいです。

|

« 蘇州→杭州へ | トップページ | 余姚~四明山の旅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/7044992

この記事へのトラックバック一覧です: 杭州~寧波:

» 喫煙室は中日交流の場 [ジョン万中国語]
会社には喫煙室があります。とは言っても会議室の一つに灰皿をおいているだけですがね。ここには喫煙者の日本人、中国人が集まります。「ニーハオ」「シンクーラ」と中国語の会話がはじまります。私はほとんど話せないので英語の少し話せる中国人スタッフと世間話をする程度....... [続きを読む]

受信: 2005/11/23 12:45

« 蘇州→杭州へ | トップページ | 余姚~四明山の旅 »