« 杭州~寧波 | トップページ | 寒い!! »

余姚~四明山の旅

 11月3日朝、寧波駅前の旅行社で舟山と四明山方面の観光案内をチェックする。
舟山巡りは時間的にちょっとしんどそう。”錦秋の四明山”といった感じの観光パンフレットを見つけたがここからは出てないとのことで列車で1駅北の余姚へ移動。タクシーに乗りパンフを見せて「我想去ここ!!」と言ったらバスセンターのマイクロバスに横付けしてくれました。観光バスかと思って乗ったらこれは路線バス。土ボコリ舞う郊外を抜け、山の中の村をいくつも通り抜け、坂道を延々と登り、稜線の道を走ること2時間、四明山鎮という村で降ろしてくれました。小さい村でパンフの写真の紅葉のきれいな谷川や滝はここから相当離れたとこらしい。タクシーなどもちろんない。そうこうしているうちに反対側から同じようなマイクロバスがやって来て余姚に戻る最終バスだという。さっきのバスの車掌さんの話では最終は午後2:30、1時間半は遊べるはずだったのに。降りて10分も立ってない。どっちがホントか分からないがこんなとこに置いてけぼりになったらたまらない。飛び乗って元来た道をとんぼ返りしました。
  余姚・四明山路線バス       途中の村          どんどん登る  
bussimingshansimingshan2

おまえに合うためにはるばるやって来たんだよ!!
simingchunlan←四明山鎮のバスを降りたところにあった春蘭。
 多分そこらの山から採ってきたものでしょう。
 花はそうベッピンさんではないと思うけど、
 蘇州の花鳥市場の路端で売ってたヤツと
 違って香りは間違いなく良いはずです。
 海越え山越えやって来て、やっと出会えた春蘭
 うれしかった!!
 ・

 ネットで蘭園や個人の趣味者の住所や電話番号を公開しているところもけっこうあるので調べて強引に尋ねるという手もあったのですが、1華や9華は花時期ではないし、尋ねたら見せてもらうだけで手ぶらで帰るわけにも行かないだろうし、欲しいと思うような新花は旅行費用にゼロをひとつ足しても買えるわけないんで、蘭や蘭人との出会いについては初めから腰が引けてました。
 蘭の故郷、蘭と蘭文化をはぐくんだ江南の街や村や山を、ジカにそっと眺められたら、ありきたりの古い蘭でも楽しみが倍増できるかなってのが今回の蘭迷さんの旅の目的でした...

|

« 杭州~寧波 | トップページ | 寒い!! »

コメント

現地で蘭に逢えるって幸せですよねー。
中国万歳って叫びそうになりますわ!

投稿: lishui | 2005/11/12 22:47

洗面器?やポリバットに植わってる蘭には変に感動しました。ちゃんと蕾ついてましたよ!!

投稿: 中国蘭迷 | 2005/11/12 23:22

いい所、行ってますね~四明山十分てのはちとお気の毒さまですが、それでも蘭に会えるから、えらい!次は舟山ですか?ひなびた古い中国が残ってるそうです。春蘭の新花もかなり下山してるみたいだし。
でも蘭人に腰引けるのわかります。
別の旅になるもんネ、

投稿: J, | 2005/11/17 12:57

舟山も含めて、花の時期にぜひ行ってみたい見たいモノですがその頃に行くチャンスあるかどうか?
蘭迷さんは実は今にーと中でしてお金はないけど暇はあるのです。花の時期にまだ暇なようだともう社会復帰できない!?
大M電器の半導体事業再編の大波喰らって会社合併やいろいろありまして、思うところあって早期退職に手をあげました。ハイ

投稿: 中国蘭迷 | 2005/11/17 19:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/7060979

この記事へのトラックバック一覧です: 余姚~四明山の旅:

« 杭州~寧波 | トップページ | 寒い!! »