« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »

オマケの写真

 《蘭華譜》の元版(S12年発行)にはさまっていた写真です。
S41年の復刻版はすでに持っていたのですが、帙がボロボロになったこの本が復刻版の半額ほどで出てたので即買い求めました。私は巻の1(1華)と巻の2(9華)しか見ないので長いこと気づかなかったのですが、帙を修理に出そうかと思って巻の3(寒蘭)を取り上げてはじめてこの写真を見つけました。
 余胡蝶の写真の裏には〈昭和14年春開花〉と書いてあります。黒崎氏の《東洋ラン・花物》には〈昭和17年頃蘇州の余氏が秘蔵していたものが、某氏の手を経て日本に渡り、当時、海軍主計少尉の水野氏にはいり....〉と書かれてありますがもう少し早く渡来していたようです。また寰球荷鼎の裏には〈昭20.2.28写 圓辯デ丁度九華ノ蓋字ノ花ノ様デス〉とあります。この花は戦後周恩来首相から松村謙三氏に贈られた話が有名ですが戦前に一度渡来し、絶種したということでしょうか?あるいはこの写真を撮った人は中国在住の日本人だったのか?

photo1photo2photo3

こんな本が古本屋に出るのは持ち主が手放すわけはない、おそらく亡くなられて遺族が処分されたのであろうと想像します。
いったいどんな人が持っていたのか?その人の育てていた蘭は無事に誰か大事にしてくれる人か商売人に渡ったのか...?
古本は書き込みがあったり、こんな写真や今は存在しない蘭屋さんの領収書がはさまっていたりして、前の持ち主やその時代についてあれこれ思いを巡らすのもおもしろいです。


| | コメント (4) | トラックバック (0)

いつのまにか

 更新サボってる間に1年過ぎてました。我ながらよくもったもんです。元来、音楽、体育に作文は大の苦手な子でした。理科と図工は好きでした。
日本や中国の古い蘭書を集める(”読む”に至ってませんが)のも好きなので花のない時は本の紹介でもしてたらネタはけっこうあるわ、と思っていたのですが、いざ私ごときが大先輩達の業績にふれようとするとキーボードを前にして固まってしまいます。でも書くことで少しはしっかり読むこともできるので、これからもボチボチとシッタカブリをご披露していこうと思ってます。
請うご期待!?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

どっちが好きですか?

catalogue 以前、古本屋で見つけた松香園植物場(兵庫県)の東洋蘭のカタログです。昭和10年3月発行。蘭もいいけど、蘭(オモトかな?)もってるオネーチャンもなかなかいい。
中は白黒の写真と値段表、簡単な栽培法で全89頁のうち、建蘭や玉花蘭、報歳蘭などいわゆる蕙蘭がほとんどで4~58頁まで。桑原晃も載ってます。弐百八拾圓也。よく分からんけど高いんでしょうね。
あと巻柏、南天、風蘭、長生、万年青など江戸時代からの古典園芸が1~数頁ずつ、日本春蘭は月桂冠、雪山など柄モノが10品種ちょっと、中国の1華、9華はこの頃はすごく新しいものだったんでしょうね。この店ではまだ扱ってないのか、無名3品しか載ってないです。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

迎春梅の花

geisyunbai 最近送られてきた通販カタログの迎春梅の説明みたら〈昔、西神梅の偽物としてよく売られた〉とありました。うちの”迎春梅”は毎年花付けてるけど西神梅とは似ても似つかない、一応兜はあるけど花弁は薄くてよれて咲きやすいし舌も長く巻くし、名前ほど品のいい花でもない。うちの迎春梅て偽物?と思いTELして聞いてみました。
「葉姿が西神梅に似てる(なるほど!)。たいした花ではないので名札を全部集めてる人とかよっぽどマニアックなお客さんにしかお勧めしてない」とのことでした。値段安かったけどうちのと同じみたいだったので買いませんでした。
 最近、昔からの銘品の1華でも9華でもあまり聞かないどれが本物か分からないような品種がびっくりするほど高かったりしますが、よい花はみんなが大事にしてきたのでよく増えていて安い。昔の本に載ってる値段表や銘鑑のランク見るとだいたい当たっているような気がします。
選別して名前が付けられてるんで大事にしたいとは思いますが、必ずしも希少なのが価値があるとも限らない!?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

《 東洋蘭之美 》

toyolannobi プロの写真家、横山進一氏による写真集、
昭和62年、学習研究社発行
神田神保町の古本屋でこの本をみつけたときは思わず息をのみました。
中国春蘭一華;68種、九華;15種、台湾春蘭;7種、四川・雲南の蘭;27種、杭州寒蘭;31種、日本春蘭が花物、柄ものあわせて約130種ほぼ実物大で載っていて、文章は松村正直氏による序文と各分野別にその道の大家がそれぞれ10数行の解説、そして撮影者横山氏のあとがきのみ。それで充分、講釈はいらないと思いました。
 中国の蘭書によると蘭を観賞するにあたって花の形と花色、葉姿、香り、それに韻(神韻)というものが大切だと書いてありましたが、まさにその蘭のもつ神韻まで写し撮っていると思います。
こんな風に作ってみたいものだと心ひそかに目標にしている写真集です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

九章梅の花

9syobai 小ぶりのかわいい花です。
ハッスルさん
が入手したけどどんな花だろう?てことでしたんで..
2004年春に咲いたときのです。去年も花芽付いたのに今春の写真がないってことはいためて咲かなかったみたい。
《蘭蕙小史》にまだないし、《蘭華譜》にも「数年前より培養する小品の葉姿にて、之又開花を見ざる品」と1行あるのみ。本にあまり載ってないですけど”《東洋蘭之美》横山新一写真集”にきれいな写真があってこれは私のと同じです。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

蘭小屋美術館

langoyabijutsukan お盆前にたのんでおいた額ができあがりましたとのTELで、昨日取りに行ってきました。
朝から蘭小屋美術館楽しんでいます。なかなかいいです。
 世間が日本春蘭の色花や寒蘭に一生懸命で中国春蘭、9華などみんな卒業して見向きもしなかったころそればっかり夢中になってた私にシーラカンスの絵はぴったりです。原画は小泉淳作氏(京都の建仁寺や鎌倉・建長寺の天井の龍の絵を描いた方)、木版:きたみ工房さんです。きたみ工房さんは車と猫の木版画が有名ですけどもすごくステキです。”魚・鳥・花”コーナーもはやくアップしてくださ~い!!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

明月明年何処看!?

今日の白雪梅姐の詩境遊人は蘇軾の中秋の月を詠んだ詩でした。
京都にもきれいなお月さん出ています。庭先の花も秋です。
     ムラサキシキブ            ツユクサ             シュウカイドウ
murasakishikibutuyukusasyukaido

青い花って意外と少ないですね。ツユクサとアサガオとあと何があるだろ?虫さんの好みでないのかな!?

昨日今日と植え替えやってたら土が足りなくなってきた。
鹿沼3袋ほど洗いました。一晩干して明日フルイにかけます。あれ、まだあると思ってた焼き赤玉がない。次からまた鹿沼単用植えだ。
計画性のない行き当たりばったりの蘭迷さんです。でもそこは蘭に合わせてもらいます。
kanumarobaimumei

信楽の同じ質の鉢ですけどうちでは9華は右のより真ん中の鉢のほうが良くできます。右のは内容積大きい分どうかすると蒸れて夏に根を傷めることがよくあります。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

桃源郷の鶏が

桃源郷の鶏が戻って来ました。
おとついの夜中の1時か2時頃のことでした。鶏が騒ぐ音で目を覚ましたのですが、
2,3鳴きして静まったので変な夢でも見よったか?とまた寝てしまいました。ところが朝エサをやりに行ったら手前の小屋の戸が開いていて1羽がいない。小屋の中は羽がいっぱい散らかっていて、金網の腐ったところが5,6cmほどの穴が開いてる。イタチにでもやられたか、こんなことだったら早く食ってやってたら良かったと悔やんでいたら今朝方、家内から会社にメールが届いて、近所のおばさんから「あんたとこのコッコちゃんと違うか?」見るとよその畑の隅の草むらにうずくまっていて怪我もなく、連れて帰って庭に放したらトコトコと自分の小屋に入っていったとのこと。庭に出しても足でちょんちょん追いやらないと遠出をする鶏ではなかったので何かに襲われ戸を蹴破って夜の巷を逃げのびたんでしょうか!?
鶏は食用で、以前は1年に10羽くらいが入れ替わっていたのですが数年前義父が亡くなってから殺生するのも億劫になって、特に彼女はおとなしくて人なつっこくて可愛らしい目をしているので、もう卵も産まなくなったのに生きながらえています。コイツだけはなぜか蘭花が大好物で古花をやると実にうまそうに食べます。
まだまだ長生きしそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

鄭板橋は

rantakekiku 当時蘭と竹を描いたらこの人の右に出る者はいないといわれた中国清初期(康煕~乾隆)の文人画家。”揚州八怪”のひとりで一時期、山東范県等の知事もつとめたが水害旱魃が続いたとき勝手に国庫を開き、金持ちに炊き出しを命じたりため込んだ穀物を放出させたりしたため富戸や上司にはうとまれ失職、晩年は揚州で売字売画の生活を送ったそうです。今でも映画やテレビドラマになるほど人気があるのは役人の汚職はびこる世の中の裏返しでしょうか。
 蘭を始めてまもない10年くらい前マラッカのホテルの裏の古本屋で画集を見つけてそれ以来ファンです。中国では本は安いので書画集から伝記、解説研究書まで見つけるとついつい買って”八怪”含めると10冊を越えてしまいました。漢字ばっかりの解説書類は今はツンドク、老後の楽しみ。しかしこの人の竹の絵をじっと見てると葉擦れの音まで聞こえてきそうです。蘭竹の画に添えられた詩文の意味は分かりませんがいつか読めるようになりたいと思っています。
板橋以外でも李方膺や文徴明、、、あるいは盧坤峰氏など現代の画家たちが描く蘭もそれぞれ個性豊かで趣があって面白いです。
共通してるのはみんな竹葉弁で別に兜もないし、素心でもない、何の芸があるわけでもないただのジジババ、けど全体の姿はこんな風に作ってみたいもんだなあ!!って思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

座り読みもOK!?

 左下の写真は蘇州観前街の新華書店(4階建ての大きな書店です)の様子
中国どこでもかどうか知りませんが上海でも杭州でも同じだったと思います。参考書売り場は立ち読みどころか座り込んで読んでいてもハタキで追い出されたりしない。熱心にノートに写している女子中学生?グループもいました。
本屋さんが図書館でもある??棚の本はボロボロになってるのもあるけど中国ではそんなのは買う方も気にしないのか?!学習熱心な青少年に寛大なのかただ単に店員が仕事に不熱心なのか分かりませんが、こんなんていいなあと私は思いました。
 蘭関係の本は同じ規模でも杭州の新華書店のほうがやはり多いです。
今回の収穫は『蘭花賞培要決』遼寧科学技術出版社2005.6月発行と
鄭板橋のVCD30枚組セット(TVで放映された連続ドラマらしい)
VCDはPCで試してみましたが映るのやら認識しないのやら、映っても途中で止まるのもあってよく見たら盤面にキズが...修復剤買って再挑戦してみます。しかし軽そうなんで鄭板橋のイメージこわれてしまうかも..

suwariyomiOKlanhuashangpeiyaojueteihankyo


| | コメント (4) | トラックバック (0)

9華植替え

9kauekaeお久しぶりです。
最後のご奉公を終えて、予定通り7日に帰国したんですけど、夏の疲れと中国での疲れがいっぺんに出たみたいで風邪ひいて3日ほど寝てました。
たっぷり休んでよくなったので今日は昼から老上海梅の植替え、この状態から上と底穴からピンセットでちょっとずつ土を取り出して鉢から抜くまで2時間ちょい、割ってしまえば楽なんですけどこの鉢良くできるし、最近手に入らないもんで...半日仕事でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2005年8月 | トップページ | 2005年10月 »