« 東洋蘭のふる里・天然砥石の故郷 | トップページ | サギソウ開花 »

いろいろの色

lishuiさんて「かぐや姫」の隠し子の子孫にして「月光仮面」のおじさんの親戚だったんだ...!??

実は私も宇宙人の血を少し引いていて、それが証拠に下の字はそれぞれ2、3、21なのです。(光の加減、パソコンのディスプレイよっては違いますけど)

2-53-821-74

同じ彩度、明度の赤いタヌキと緑のキツネの違いが分かりづらい。世間では赤緑色盲・色弱という。赤が沈んで見えて、椿やサルビアの赤い花が咲いてるのが近づいてはじめて分かってハッとしたりします。春蘭の朱金花と緑花も照明の具合によっては同じに見えることがあります。マナコの奥の3色を感じるセンサーの赤色に対する感度がやや低いため補色の緑との違いが分かりにくい訳ですけど、その分、多分青と黄色は地球人より鮮明に浮いて見えてるし、同じ緑の微妙な違いもよく見えているはずです。
男子の20人に一人は仲間らしいけど、叔父、甥以外の他人さんではまだ2人しか知らない。引っ込み思案で凝り性で講釈言いの性格にたぶんに影響していると思います。
オトナの自分はフツウの地球人との見え方の違いが分かってるから問題ないけど、小さい子供はハラスメントになることがあるから要注意!
ガクジュツ的な説明は下のサイトに詳しいので興味ある方は覗いてみて下さい。
 ○ 「ぱすてる」色覚の問題を考えるボランティアグループ
 ○ 色覚異常・色盲・色弱・色覚障害・色覚特性・・・についてのあれこれ
 ○ 色の見え方は人さまざま−色盲と色弱のはなし

|

« 東洋蘭のふる里・天然砥石の故郷 | トップページ | サギソウ開花 »

コメント

地球人の皆さんはくっきりと5、8、74ですよね。
Photoshopでちょっと色相をずらしたら私にもそうとしか見えない。けどこのままでは紫~グレイで2、3、21のほうがはっきり見えるのです。
自分は自分の見えるようにしか世界は見えないけど他人も同じとは限らない。
マ、世の中そんなもんだと思うのです。

投稿: 中国蘭迷 | 2005/08/20 12:08

月夜になると毛が増えるんです(・・;)
地球人は宇宙人(怪獣)が来ると必ず撃退しますもんね。悪い宇宙人も中にはいるけどほとんどETみたいに良い宇宙人が多かったように思います。この良い、悪いも決め付けられないんですよね。頭パニック!

投稿: lishui | 2005/08/20 13:06

地球にしてみたら、人類は最低・最悪の生物なんじゃないかね。「色覚違い」はうちに来る若いのに1人いるし、ヤンゴトナキとこにもいるし、種の存亡に賭ける保険みたいな大事な多様性の「1」です。光学環境かわったら表現逆になるでしょ。遮光器着き土偶の子孫かな?蘭キチガイはもっと人口いないし、タダの草に何万もかけてうちの近所では絶滅危惧種扱いの第一級指定されてます。アワレ・・・

投稿: J | 2005/08/20 19:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/5550405

この記事へのトラックバック一覧です: いろいろの色:

« 東洋蘭のふる里・天然砥石の故郷 | トップページ | サギソウ開花 »