« 花鳥市場の思い出 | トップページ | 古代の蘭 »

五柳先生の桃源郷は

niwatori そういえば昔、漢文で習った陶淵明描く、ユートピアはべっぴんさんの小姐達がはべり舞い踊る豪華絢爛、酒池肉林の世界 ではなくて、
よい田畑、美しい池、桑や竹の類があって、鶏や犬の鳴き声が聞こえる。畑仕事してるおっちゃん、おばちゃんたちも、老人や子供もみんなにこにこ楽しげで.....
なんや、ここらと同じやないですか!
武陵の漁師が迷い込んだ村にもきっと蘭は咲いてたでしょうね。

蘭花村関係の方でしたらどうぞ、泊まりがけで遊びに来てください。鶏はもうひねたのが2羽しかいませんけど....

|

« 花鳥市場の思い出 | トップページ | 古代の蘭 »

コメント

「蛞蝓」..こんな漢字があったんですね。
鹿の鳴き声が聞こえるんですか。昔丹沢に通って鹿を追いかけていたことを懐かしく思い出しました。
うちでは長生きな「家鴨」が5羽、騒々しく鳴いています。

投稿: lishui | 2005/07/07 10:39

こんばんは!ようやく見つけました。
まめにUPされてますね。
今後、欠かさず見るようにします。
では

投稿: tengyuan | 2005/07/08 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/4843199

この記事へのトラックバック一覧です: 五柳先生の桃源郷は:

« 花鳥市場の思い出 | トップページ | 古代の蘭 »