« 一茎九華が咲きました | トップページ | 富山九華展より »

富山県の中国

 富山の九華展の帰り、高岡から新緑の山間を抜けて車で走ること1時間、福光町に寄ったら「道の駅」にこんな建物がありました。
中では中国物産を販売しており、直径50cm、38cmの朱泥大鉢2個セットがなんと
3150円、買って帰りました。
翆定荷素を100本立ちくらいの大株にして植えてやろう。

福光町は蘭の大先輩であり、日中友好、国交正常化に尽力された故松村謙三氏の出身地、その縁から同町と紹興市は姉妹都市になっているようです。
駅から徒歩10分くらいのところに松村記念館があり、氏の生い立ちや業績に関するいろんな資料が展示されています。
日本春蘭朱金花『福の光』はこの町にちなんでの命名だそうです。
中国蘭(東洋蘭)ファンの方はぜひ一度訪問されることをおすすめします。

fukumitumichinoekifukumitumichinoeki2

|

« 一茎九華が咲きました | トップページ | 富山九華展より »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/4001259

この記事へのトラックバック一覧です: 富山県の中国:

« 一茎九華が咲きました | トップページ | 富山九華展より »