« my tool (その1) | トップページ | 花が咲いてる鉢でも »

my tool (その2)

my_tool2 プラバチカッターです → → → 
植え替えの時、楽鉢だと鉢の内壁にへばりついた根が傷みやすいし、鉢いっぱいになっていると時間をかけたあげくに結局鉢を割ってしまうということがよくあります。
その点、プラバチは簡単に抜けて、割れることもないし、値段も安いし、その上、作もけっこうよくできる。ただひとつ、欠点は見栄えがどうも....
展示会にプラバチで出すわけにもいかない。

そこで
プラバチの上部のつば下をプラスチックカッターで切ってやれば展示会の時だけ、よそ行きの良い鉢にすっぽり入れて、隙間を新聞紙などで詰めて化粧土で覆えば2重鉢にしてごまかすことが出来ます。
普段はつばをビニールテープでくっつけておけば鉢掛けに掛けることも出来ます。
はじめにあて型(金ノコで切ってコンクリートブロックで切り口をきれいに擦っておく)を作っておけば後は上のカッターを使えば3分で同じものを作れます。
my_tool2b09

|

« my tool (その1) | トップページ | 花が咲いてる鉢でも »

コメント

読み返してたら、、おおっ!!これいいわぁ~マネっこしよ!!鉢から抜く手間も省けて楽チンですわ、、質問ですが、九華はプラ鉢より、笠間とかの方が葉先は飛びませんか?

投稿: shang-ri-la | 2005/09/13 15:02

古いの読んでいただいてありがとうございます。本物の笠間鉢はまだ使って半年ほどなんでよく分かりませんけど笠間ふう信楽鉢はよくできます。9華は30本以上になって鉢の中ほとんど根ばっかりになっても葉先ほとんどいたんでませんよ。あと、緑釉の広東鉢とちょっと浅広ですけど朱泥の菊鉢、梅鉢もよくできます。うちは地形上風通しが悪くてゼニゴケがよくはびこる(銭はないけど)環境なんで乾きのいい鉢があってるみたいです。水もちのいい鉢だとどうしても夏場蒸らして痛めてしまいます。プラ鉢は1華にも9華にもいいですね。植え替えも楽ですし。

投稿: 中国蘭迷 | 2005/09/13 19:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/4360558

この記事へのトラックバック一覧です: my tool (その2):

« my tool (その1) | トップページ | 花が咲いてる鉢でも »