« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »

玉梅素の花

gyokubaiso 自分で咲かしたんでない花を出すのはちょっとなにですが.....
あまりに可愛らしかったんで(それに安かったので)ドームから連れて帰りました。
実はすでに2鉢持ってるのに。以前に私が咲かした花はもっとチンチクリンな咲き方でした。
でも赤軸で桃腮素(舌の奥の両端に赤いぼかしが入る)というこの花の特徴はちゃんと備えている。
可愛いなんて書きましたが実は御歳三百歳以上のお婆さん!
ものの本によると清代康熈年間(1662~1722年)の発見、現存する一華のなかではもっとも古い。株分け株分けされ、3鉢ともそれぞれいったい何人のどんな人たちを経て私の棚にたどり着いたことでしょう。
珍奇で誰も持っていない新花を集め楽しむのもよいけど、中国春蘭は連綿と守り伝えてきた幾多の中国と日本の大先輩達に思いを馳せながら今は安い花を眺め楽しむのも面白い。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

長字の花

chouji 去年我が家で咲いた長字です。たぶん間違いないと思ってるんですが...
今年も一輪、もうすぐ咲きそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

夜行バスで行ってきました!

 まずは東京ドームは1番乗り、
東洋蘭の展示ブースをひととおり見たら、販売ブースへ。数軒のおなじみの店で商売のじゃまをしている間に、どんどん人が増えて中央展示にはもう寄りつけない。個別展示の東洋蘭コーナーだけ何とか見て、豪華な洋蘭には目もくれず、次の日中友好会館の奥地蘭展へ。こちらは静かにゆったり見ることができて、東洋蘭はやっぱりこの雰囲気の方が良い。さらに電車を乗り継ぎ阿佐ヶ谷の東京宋梅会の展示会に行ってきました。こちらも書と一緒の展示。久しぶりに先輩方にお会いして夕方まで楽しく過ごしました。
少々疲れたけれど、初めて見る秦梅と西湖梅、それに二花、9弁咲のみごとな緑雲、この三点見ただけでも十分収穫でした。

sinbai050224seikobai050224ryokuun050224
     秦梅(ドーム)         西湖梅(奥地蘭展)     緑雲(東京宋梅会)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

第一号開花!

 朝から日が射したと思ったら雪がちらついたりで寒い。
蘭舎をのぞいたら棚の下で朶々香が一輪咲いていた。実物よりべっぴんさんに撮れた。
横ではまた椎茸がぼこぼこ出てきている。

 昨日からドームでは世界蘭展、でもBSの中継では東洋蘭はまったく出てこなかったような?(うたた寝をしながら見てたので見逃したのかもしれないけれど)
行こうかどうしようか?!行くなら日中友好会館の奥地蘭展や東京宋梅会もやってる
24日以降かな?これから忙しくなる。
dadakou siitake2

| | コメント (1) | トラックバック (0)

雨水

File0001 通勤で通る天神川沿いのしだれ柳が朝の光を通して見るとうっすら緑味を帯びてきた。葉芽がふくらんできたようだ。
これから新芽を吹き、春の桜に替わるまでわずかずつだが景色は毎日確実に変化していく。ほんの数分間だけど、私の通勤時のひそかな楽しみだ。
蘭の蕾もちょっとずつ動いている。
 運転しながらふと中国蘭の大先輩の号はこの時期のこの楽しみから付けたのかなと思い、帰って『蘭華譜』を見たら雨水ではなく流水だった。ああ恥ずかし....
でも雨水のほうがよかったような...(負け惜しみ)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

パソコンが

 昨年の暮れ頃から調子が悪くて結局、システムから入れ直すことにした。
インターネットの不調はもともと電話局から7km、ADSLがぎりぎりつながる距離なんでそのせいかとしばらく思っていたのだが古いノートだと正常につながる。他の症状も、その道に詳しい友人に聞いてみるとWindowsのファイルがいくつか壊れてるんではないか?とのこと。ウイルススキャンしても何も引っかからないのだけれど....
連休2日がかりでOSとソフトを入れ直したけれど、めったにやらないことなので設定を元に戻すのが大変だ。
マニュアルにメモしておいたはずのIDやパスワードが行方不明になっていたり、98時代のプリンターはデバイスドライバーをダウンロードし直したり....
お気に入りは簡単に戻せたがメールはまだ更新前の今までの分がまだ見られない。ATOKとJ北京の辞書も調教済みのやつを使いたいし...
自力での完全復旧にはまだあと1週間はかかりそうだ。

蘭は、蕾の弁先の緑がのぞいてきたものもちらほらある。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

はや中国蘭展!?

はや中国蘭展ですか!!?
花までよく見えませんがでも香りが伝わってきそうですね。
今年は東京ドームはどうしようかな?!招待券は1枚もらっているんですが....

今日は宋梅会の例会。こちらでももう宋梅が1輪咲いているというひとがいましたが、我が家はまだまだです。
何せ、この辺は京都市内より気温が3度くらい低いし、山の北側なので冬は蘭舎にほとんど日が当たらないもんで.....

         トラックバック再々挑戦!?
              ↓
         失敗!ハッスルさん、ごめんなさい
         そちら側でRecent Trackbackの変な表示を削除することできますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

花芽その後

世間ではあちこちから開花の便りが聞かれる。
年が明ける前に咲いてしまったという話もちらほら聞こえた。
しかし我が家の中国蘭の花芽は全員しっかり苞衣をかぶったままだ。一華はみんな土を切って2、3cmといったところ。奥地モノの豆辨や朶々香、双飛燕素などがいくつか数cm伸びていて例年よりちょっと早い。大雪素は元旦蘭(原産地ではちょうど春節のころ咲くそうだ)といわれるだけあって1番伸びているがそれでもまだ10cmちょっとだ。
宋梅会の展示会は3月19、20日だからこの調子でよい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2005年1月 | トップページ | 2005年3月 »