« 出張ついでに | トップページ | リンクの威力 »

花芽その後

久しぶりに花芽を確認してみたら大分増えていた。
今年は休みと思っていた維西雪素や金黄香、緑英、長字、春一品、楊氏素、老文団素、養春仙などもいつの間にか顔を出していた。楊氏素は四つ、西神梅は六つも上がっていて思わずよしよしとなでてやりたくなる。

|

« 出張ついでに | トップページ | リンクの威力 »

コメント

今年の気候は、中国春蘭にも厳しかった様で小生の棚では花付きはあまり良くなかった様に思いました。
 貴兄の棚ではさすがに・・・と言う感じで、日ごろの丹精されて居る様子が伺える様です。「翠鶴」も花芽が付いたようですが、小生の株は駄目でした。「維西雪素」「元吉梅」は花芽が付きましたが、開花時期に見られるかどうか・・・・・・・。
 友人の強い要請で、現役復帰することになりました。中国春蘭の開花時期には、中国・広東省・広州に居ることになると思います。
 3年間の約束で<工場建設>から立上げ・経営安定迄、一旦引退し箍の緩んだ人間がどこまでやれるか、「蘭三昧」は暫くお預けです。大事な品種や希少品種は、友人に預けていく積もりです。突然このコメント欄を借りまして、お知らせ迄。

投稿: 富永淳一 | 2004/11/08 13:43

富永様
コメントいただきありがとうございます。ブログはじめて初コメントで嬉しい限りです。
蘭三昧中断は残念でしょうけど、定年前でも放り出されるこの時代にさすがですね。私もマレーシアや中国の工場では立ち上げから短期支援では関わっていますが、現地でのお仕事は大変かと思います。健康に気をつけて頑張ってください。

投稿: 山本猛 | 2004/11/09 00:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/55262/1888112

この記事へのトラックバック一覧です: 花芽その後:

« 出張ついでに | トップページ | リンクの威力 »