あと四日

   となりました。

7

Photo

| | コメント (1)

m'sranさんの特別出品

昨日、宋梅会中国春蘭展の第2日目、午前中はあいにくの雨。しかし雨に濡れた苔庭もまた格別です。
静かな会場で去年はここにm'sranの大株の汪字を置いてたな、虎蘂蝶と翠蓋蝶はこの辺に飾ったなあと思い出していたら、午後なんとそのm'sranの奥様が見えられました。49日(満中陰)を17日終えられたとのこと。 遺愛の蘭を2鉢持ってきてくださいました。
Img_20190319_133541_1
そんちょの初期の鉢に植えられた、維西雪素と楊氏素です。
どなたかご希望の方がおられたらもらってくださいとのことです。

| | コメント (1)

並んだ

    2019京都宋梅会の中国春蘭展(その1)
2019031801
総勢70数鉢、会長の萬字と緑英の大株もありま~す。

» 続きを読む

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2019 京都宋梅会の中国春蘭展

    いよいよ明日から開催です。
Wechat_image_20190317174015
会場へのアクセスはこちらから
    祇王寺ギャラリー

 ギャラリーは入場無料です。
苔庭のほうも十分300円払って見る価値あります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

最近の中国江南の蘭花展

去年まで3年続けて参加した杭州郭庄春兰展、今年は2月はいろいろとバタバタしていて行けず、微信で送られてくる画像を見るだけなのですが、
    2019杭州郭庄春兰展
こっちは蘇州蘇州滄浪亭での春蘭展
    2019苏州沧浪亭春兰展
江蘇、浙江省あたりの蘭展、ここ数年、年々急速に展示会のレベルが上がってきています。
規模が大きくなると参加が多すぎて混み混みになってしまう傾向はあるけど、会場と鉢と蘭花とのマッチング、全体の雰囲気がよくなって、ひところの新聞紙で包んだまま展示したり、プラ鉢や2重鉢見え見えの展示とか、無粋な大きなラベルを鉢に貼り付けてなんてのは一昔前のお話になりつつあります。

» 続きを読む

| | コメント (0) | トラックバック (0)

«太倉南園の雪